the lasalle bank theatre


ラッセル・バンク劇場(シューベルト劇場)
The LaSalle Bank Theatre


ラサレ・バンク劇場は、ダウンタウン・ループの中、シアターディストリクト(劇場のブロック)の中で、最も伝統的な劇場です。 設計を受け持ったラップ&ラップRapp & Rappにとってはこのブロックでの最初の劇場で、後にオリエンタル、パレス、シカゴ劇場と次々と設計を進めていきます。 

1906年に創立されたこの劇場は当時マジェステック劇場と呼ばれ、完成後にはシカゴで一番高いビルになったことで知られています。 デザインは当時シカゴ市民に親しまれ、また、ラップ兄弟の特色でもあるネオクラシック・スタイルが用いられ、古典的なヨーロッパの装飾美術のエレメントが劇場の随所に見られます。

創立当時、演芸、アクロバット、歌、踊りなど、日本の感覚で言うと豪華な寄席劇場の存在に近い演芸団、ボードビル(vaudeville)による数々のショウで賑わいますが、他の劇場との競争、さらには大不況に直面した時点で運営は不可能になり、マジェスティク劇場は15年間、門を閉じてしまいます。

廃墟化されていた劇場は1945年、ニューヨークのシューベルト兄弟により買収されます。 第二次世界大戦後、NYCではブロードウエイのミュージカルが大盛期を迎えた時期で、シューベルトは中西部でのブロードウエイ・ツアーの開催地を求めており、マジェスティク劇場に目をつけたわけです。 

そして同年、シューベルト劇場と改名し、第2のブロードウエイとして、この劇場はカーテンを上げます。 回転木馬(Carousel)、南太平洋(South Pacific) 、ガイズ&ドールズ(Guys and Dolls)などブロードウエイでヒットした数々のミュージカルがこの劇場で公演し好評を呼びます。

しかし年月を重ねていくにうちに、90年以上経ったこの古い劇場の整備管理は難しくなり、大修復の必要性に迫われます。 この難局の際、シューベルトはこの劇場を売却し、2005年にはラセル銀行の資金援助により4000万ドルに及ぶ修復が行われ2006年に再び開場することになります。

改善の折には、この劇場はシカゴ特有の歴史的な装飾美術修復の他に、空間を生かしたバルコニー、さらには最先端を行く舞台装置などが設けられ、路上の噂では多くのニューヨークにあるブロードウエイ劇場より優れていると評判です。



豆知識


修復後、ラセルバンク劇場と改名しましたが、多くの人達はまだシューベルト・シアターとしてこの劇場を呼んでいます。


現在でもこの劇場はブロードウエイのミュージカルは公演し続け、レント(Rent)、アニー(Annie)、スメル・オブ・サクセス(Smell of Success)など数多くのクラシックや現在のヒット作品を常時公演されています。


シューベルトはNYCのブロードウエイの他にボストンのワングセンターも運営しています。なおラセル銀行劇場は現在ではNederlander Organizationによって運営されています。



The LaSalle Bank Theatre
ラッセル・バンク劇場(シューベルト劇場)

The LaSalle Bank Theatre
18 W. Monroe St.,
Chicago IL. 60603

312 977 1710

ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.