chinatown



●チャイナタウン
Chinatown



シカゴのチャイナタウンはサウスサイド、ダウンタウンから南、アーモア・スクエアーArmour Squareにあり、サーマック通りCermakとウエントワース通りWentworthを中心に8ブロックに広がります。シカゴのチャイナタウンは全米で第4の規模で、現在でも多くの中国系アメリカ人と中国移民の在住する場所でもあります。また、このタウンは絶えず観光者、ビジネスマン、食事にくる訪問客などで賑わいチャイナタウン独特の雰囲気をかもしだしています。

チャイナタウンを訪れたときに最初に目につくのは多彩な色で建てられたチャイナタウンゲートでしょう。この城門はサーマックとウエントワース通りの交差点にあり「世界は皆の為にある」という言葉が門の上に示されています。もちろんこのゲートはチャイナタウンのシンボルで、一歩足を踏み入れると中国に訪れた気分になります。 城門の直ぐ隣にはシカゴのランドマークとされているPui Tak Center、 俗に「培コ中心会場」があり、赤と緑の塔、そしてライオンの彫像が正面に置かれていて、移民の力によって創られた伝統的な中国建築物を見ることができます。

このチャイナタウンにはいろいろな施設が設けられていて、黄道十二宮に倣った小動物彫像が置かれているチャイナタウンモール、中国移民の歴史を学べるシカゴチャイニーズーアメリカン博物館、そしてシカゴリバー沿いのPing Tom 公園などがあり観光客の呼び物になっています。

しかしなんといってもチャイナタウンウンの一番のアトラクションは中華レストランとショップでしょう。特にウエントワース通りは「永活街」とも呼ばれ、この通りには40を超えるレストラン、ベイカリー、中国店が立ち並びます。

代表的なレストランは下記の通りです。

Penang

King Wah

Phoenix

Three Happiness

Evergreen Family Restaurant

Won Kow Restaurant



シカゴでのチャイナタウンは、1870年代に西海岸で仕事を失くした中国移民の鉄道労働者が中西部に移り始めた頃から始まります。 当時、アメリカでは鉄道繁栄の熱は冷め、西海岸で働いていた多くの中国労働者に対して差別や偏見が強くなっていきました。 その結果、多くの中国労働者は迫害を受け、ほぼ強制的に東部へ流れてきたのです。

シカゴに在住した中国移民は、シカゴダウンタウンの中心部にあるクラークとヴァンビューロン通りに小さなチャイナタウンを設け、多くはレストランとクリーニング屋として生計をたてます。しかし1920年頃からのシカゴの著しい発展に伴い、ダウンタウンでの住居費の高騰や中国人への偏見などから、中国移民は現在のサウスサイドに移り始め、サーマックとウエントワース通りが彼等の中心地となっていきます。

その後、着々とこのサウスサイドの地域はチャイナタウンとして成り立ちはじめます。 特に1950年から60年代には社会主義であった中華人民共和国の移民法が緩んだせいもあり、中国からの移民の数は著しく増長し、1970年にはシカゴは第4に中国移民の都市となったのです。 そして、2000年にはシカゴには中国または台湾からの在住人の数は3万2千に及び、およそ30パーセントがこのチャイナタウンに住み、アメリカでの新しい生活に順応しています。

美味しいレストランが並ぶ繁華街と興味深い歴史で綴られたチャイナタウンを是非訪れてみてください。



●豆知識

  • チャイナタウンが一番人気のある日は、やはりチャイニーズニューイヤーでしょう。この日は獅子舞や爆竹などが多彩なイベントが企画されていて、毎年多くの観光客とシカゴアンでチャイナタウンの路上は賑わいます。 詳しくはコチラへ
  • ニューイヤーズの他にチャイナタウンでは6月の日曜日に夏のストリートフェスティバルも毎年企画されています。 詳しくはコチラへ
  • この地域はアーガイル通りのベトナム人やマレーシア、カンボジアなどの東南アジアなど東南アジア系の人々で賑わっている「ニュー・チャイナタウン」ではありません。
  • 1870年から1920年におけるアメリカの移民法では、男性と女性の比率は (100:1) つまり、女性の移民はほとんど許されなかったということです。

  • Pui Tak Center 培徳中心会場は1993年にシカゴのランドマークとして選ばれました。この建物は嘗ては安良と呼ばれた商業ビルでした。



Chinatown
318 West Cermak Avenue,
Chicago, IL 60616-1916


Chicago's Chinatown Museum Foundation
Chicago Chinatown Chamber of Commerce

ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.