the cadillac palace theatre


キャデラック・パレス劇場
The Cadillac Palace Theatre


1999年に大改善を終えたキャデラック・パレス劇場は、オリエンタル、シューベルト、シカゴ劇場とシカゴの歴史的な劇場が並ぶシアターディストリクトの一角、ダウンタウンの中心部、ランドルフ(Randolph)とラサレ(LaSalle)通りにあります。

白い大理石がひかれた広いロビー、巨大な鏡、そして華麗なシャンデリアは創立当時のように修復され、その豪華さは現在の装飾美術には及ばないほど素晴らしく洗練され息を呑むほどに見事です。

この劇場は1926年の10月4日に創立し、当時はパレス劇場と呼ばれていました。 設計はここのディストリクトにある劇場を受け持ったラップ・ブラザースにRapp Brothersによるもので、 デザインは当時流行りのクラシックスタイルが用いられ、特にこの劇場はフォンテーヌブロー城やベルサイユ宮殿をモデルにしたことで知られています。2,500席が設けられたパレス劇場は確かに通常の劇場というよりは、古来フランスの宮殿という雰囲気で、ロビーに足を踏み入れたと同時に自分が22世紀のシカゴにいるのか忘れてしまうほどです。

創立当時、演芸、アクロバット、歌、踊りなど、日本の感覚で言うと豪華な寄席劇場の存在に近い演芸団、ボードビル(vaudeville)の主流、オーフィアムサーケット(Orpheum Circui)が主に公演する場所として評判で、ボブ・ホープ(Bob Hope.)、メイ・ウエスト(Mae West)ジャック・ベニー(Jack Benny).など伝説的なタレントがこのステージを踏んだということです。

しかし、数年後にはボードビルは衰え、1931年には映画上映とその合間にライブショウを行いながらパレス劇場は運営されます。 しかし経営難は年が重ねるごとに深刻になり、ライブショウが断ち切れられてしまいます。 客足が後退していく中、何度かブロードウエイのショウを企画はしましたが成功に繋がらなく、また、50年代にはテレビの復旧により、運営はより困難になり嘗て豪華さで知られていた劇場はB級の映画館になってしまいます。

70年代にホテル会社に買収され、観客席を解除し宴会場として改造され、宴会場の他にロックコンサートの開催場としても折々に活用されました。 

90年代に入ると、シカゴ市では歴史的な劇場を復活しダウンタウンでの演劇を復旧させようという運動が起こります。そしてパレス劇場はGMの援助により大規模な修復の企画が持ち上がり大改善を成し遂げます。

2年間の修復作業を終え、1999年にパレスキャデラック劇場と名を変更し、エルトン・ジョン(Elton John)とブロードウエイのティム・ライス(Tim Rice)の「アイダ」(Aida)の初演し大成功をおさめました。 その後、この劇場はミュージカルの場として門を開いています。



豆知識

ブロードウエイミュージュカルはNYC公演する前にシカゴで初演することがよくあります。メルブルックスの大ヒット「プロデューサー」(The Producers)やアバの曲をベースにした「ママ・ミア」(Mamma Mia!)などは良い例です。


2003年の4月からディズニーのライオン・キング(The Lion King)はこの劇場で9ヶ月にわたる長い間公演され大成功をおさめました。


キャデラック・パレス劇場
The Cadillac Palace Theatre
151 W Randolph Street
Chicago, IL 60602

(312) 977-1700

ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.