the art institute of chicago



●アート・インスティチュート・オブ・シカゴ(シカゴ美術館)


 アート・インスティチュート・オブ・シカゴ。 俗にいうシカゴ美術館は、アメリカ国内では3本の指に入る美術館。シカゴ・ダウンタウンの中心部、アダムとミシガン通りに在り、入り口のライオンの彫刻はこの美術館のシンボルです。世界中の人達がこの美術館を訪れます。


 この美術館には30万を越すを芸術品があり、コレクションとしては、アメリカンアート、印象派の作品が豊富で、中でもスーラーの「サンデーパーク」“A Sunday Afternoon on the La Grande Jatte”  ホッパーの 「ナイトホーク」"Nighthawks," グラント・ウッドの「アメリカン・ゴシック」”American Gothic,”  マチスの 「川での水浴」"Bathers by a River," ピカソの 「老いたギター弾き」"Old Guitarist," モネの「積み藁」のシリーズ、"Grainstacks" などが有名です。また1階に設置されているシャガールのステンドグラスもよく知られています。

 常設展示会の他に、毎年何度か特別展示会が開かれます。これらの特別展は、常設展とは別に入場券が必要です。また突然行ってもチケットが入手できないことが多いので、事前に予約が必要となります。

 展示会とは別に、パフォーマンス、映画、アート・トークやソーシャル・イベントなど、多彩なプログラムも企画されています。プログラムに関しては定期期間や料金など、それぞれ別なので、これも事前に調べてみると良いでしょう。

●歴史

 アート・インスティチュート(The Art Institute of Chicago)は、1879年に、美術館ならびに芸術学校として創設されました。現在のミシガンとアダム通りに開設されたのは1893年、12月8日。71年のシカゴ大火災の残骸から、この年に開かれる万国博覧会(the World's Columbian Exposition)のために建設されたそうです。オリジナルのビュウエックス・アート・ビルディングは、ボストンの建築家、シャペリィ、ルータン,クーリッジのデザインです。

 開館当初には、大富豪ミセス・フィールドから、重要なフランスの絵画などが寄贈され、1913年のアーモリーショウを開くことによって、アバンギャルドのヨーロッパ芸術を支持し、モダンアートのコレクションを広げていきます。


 コレクションが広がるに従って、美術館も大きくなっていきます。イリノイセントラル鉄道の上にかぶさるように新館を建て、さらには第一世界大戦で戦死した、マッケンラック、グッドマン(後のグッドマン劇場)のためにメモリアルコート、オーデトリアムが設けられます。 またこの20年代にはスーラーの「サンディパーク」をはじめ、52展にわたる印象派、またポスト印象派の絵画がヘレン・バレット・メモリアル・コレクションから寄贈されます。また大不況の時代には、版画、織物、装飾芸術など、ヨーロッパ、又はアジアから芸術品もコレクションに加わります。

 戦後の1950年には内装が改善され、60年にはファールガンメモリアル・ビルディング、アレルトン・ビルディング。モートン・ウイングなどが建ち、さらに88年には、ライス・ビルディングが設立します。

 1993年には、アジアのコレクションにおける新しいギャラリーを設立。 この折には建築家の安藤忠雄が抜擢されます。安藤氏にとってアートインスティチュートは、アメリカでの処女作品だそうです。

 アート・インスティチュートは、シカゴでの有名な観光デスティネーションですが、その他にも付属の芸術大学を持ち、教育、保存、芸術研究にも力を入れています。また新しい芸術家達の支援、協力もしています。現在では15万の人々がメンバーに属しています。


●ショッピング

 特別展示会の出口や、ミュージアムストアーには、カタログ、Tシャツ、小物などのシカゴ美術館のオリジナルなグッズも豊富に揃えられています。さらに多彩な芸術分野に関する本の多さでも知られています。カード、カレンダー、ポスターなどは値段もそれほど高くなく、荷物にもならないので、お土産やプレゼントに大人気です。 900 N. ミシガン・モール、郊外のオールド・オーチャード・モールにも美術館の支店があります。

●面白豆知識

 美術館のゲートの前に座っている二頭のライオン。この青銅の像は、シカゴの人々によれば、ニューヨークの「自由の女神」と同じくらい、この都市の重要なシンボルだそうです。

さてこの二頭のライオン、決してコピーではなく、それぞれに意味があるとか。一頭は「強さ」(strength)、別の一頭は「尊厳」(majesty)象徴しているそうです。 

The Art Institute of Chicago
111 South Michigan Avenue
Chicago, Illinois 60603
(312) 443-3600

●スケジュール
月曜―水曜日 10:30〜4:30
木曜日 10:30〜8:00
金曜日 10:30〜4:30
土曜日と日曜日 10:00〜5:00
サンクス・ギビングとクリスマス以外、毎日オープン。

●入館料
大人: $12
子供、シニアー (over 65): $7
(五歳以下の子供は無料)
火曜日は特別展示会を除いては無料。


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.