Frank Lloyd Wright : Home and Studio & Robie House

●フランク・ロイド・ライト

 シカゴのダウンタウンから程近くには、アメリカで最も影響力のある建築家フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)の設計した建物が多くあります。 その中から、シカゴ近郊のオークパーク(Oak Park)に位置する、ライトの自宅兼初めての事務所でもあった『自邸兼スタジオ(Home and Studio)』、そしてシカゴ市内のハイドパークにあるプレーリースタイルの代表作と言われる『ロビー邸(Robie House)』をご紹介いたします。

 これらの建物は、フランク・ロイド・ライト保存受託団体(The Feranlk Lloyd Wright Preservation Trust)によって保存活動が行われ、それぞれガイド付きツアーを実施しています。 また建物の保存や修復作業及は、これらのツアー及び近隣建築物をご案内するツアー等の収入によって支えられています。


●フランク・ロイド・ライト 自邸兼スタジオ
住所: 951 Chicago Ave., Oak Park, IL 60302

 先見性のある、革新的なアイデアのつまった空間で、フランク・ロイド・ライトは、自身の建築哲学の基礎となるデザインコンセプトを模索するため、自らにとって初めてとなる自邸(1989年竣工)を使いました。 また、自邸に隣接するスタジオ(1998年竣工)では、ライトとその仕事仲間たちが、新しいアメリカの建築様式であるプレーリースタイルを生み出しました。 この建築革命の誕生の地となったこの建物では、下記の通りガイド付きツアーを実施しています。

ツアー(英語)の概要
開始時間:  月曜日〜金曜日  11時、13時、15時 スタート
      土曜日・日曜日   11時〜15時半までの間、約20分間隔でスタート
      *感謝祭、クリスマス、元旦、1月最終週(修復のため)を除く毎日催行。
所用時間:  45−60分
集合場所:  ツアーは全て中庭のGinko Tree Bookshopから出発します。


●フレデリック・C・ロビー邸
住所: 5757 S. Woodlawn Ave., Chicago, IL 60637 (シカゴ大学構内)

 建物全体に伸びる水平面、ドラマチックに広がる軒、帯状に連なるアートガラス窓。 ロビー邸(1908年竣工)は、プレーリースタイルの最高傑作であると共に、現代建築を象徴する建物でもあります。 内部は現在、修復工事が進行していますが、100年近い昔に設計されたとは思えない、非常に現代的な空間が広がっています。

ツアー(英語)の概要
開始時間: 月曜日〜金曜日   11時、13時、15時 スタート
      週末           11時〜15時半までの間、約30分間隔でスタート
      *感謝祭、クリスマス、元旦、1月最終週(修復のため)を除く毎日催行。
所用時間: 45−60分
集合場所: ツアーは全てロビー邸Bookshopから出発します。


■ガイド付きツアーについて

 フランク・ロイド・ライト保存受託団体では、上記の定期ツアー以外にも、予約制の英語及び日本語でのグループツアー(*10名以上)及び近隣のウォーキング・ツアー等を実施しています。 詳細は下記までお問い合わせ下さい。

連絡先:グループツアーコーディネーター  Heather Cooper(英語のみ可)
TEL 708-848-1978    ウエブサイト:www.wrightplus.org

■日本人ボランティア・ツアーガイドからのメッセージ

 現在、フランク・ロイド・ライト保存受託団体(The Frank Lloyd Wright Preservation Trust)で保存活動を行っている『自邸兼スタジオ』と『ロビー邸』では、多くの日本人が、ボランティアガイドとして働いています。

 私がボランティアをさせて頂いている『ロビー邸』は、ライトが生涯で最も愛した建物と言われておりますが、建物の構造や自然に調和する美しさには日々感動をおぼえています。

 是非皆様にも『自邸兼スタジオ』及び『ロビー邸』に足を運んで頂き、これらの素晴らしい建築物をより身近に感じて頂ければと思っております。

ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.