Application(願書)

 アメリカの大学は入るのが簡単というけれど、日本の受験戦争に比べれば、入りやすいのは本当かもしれない。 なぜなら、これといった大きなテストや面接は基本的に必要ないから。 大学によって、願書の締め切り、形式などは多少違うけれど、おおまかにinternational studentの願書の必要書類などは同じ。 ちなみにColumbia College Chicagoのinternational studentの願書に必要なものは、こんな感じ。

1 自分のエッセイを含む願書と申込金

2 今まで通った学校の卒業記録(英語)

3 高校、大学の成績証明書(英語)

4 英語能力の証明書(TOEFLなど)

5 学校の先生、教授、上司からの推薦書

6 銀行などの財政証明書(英語)

7 予防接種記録(英語)

 アメリカの大学だからもちろん全て英語の書類を用意することは必須。 このほかに、健康診断書などが必要な場合もあるけれど、基本的にはこれらをひとまとめにして、大学のadmissions officeに送る。 

 願書を出すのには、申込金(大学によって異なる)と送料だけだから、いくつかの学校に出してみることをおすすめする。 そうすると、1ヶ月から3ヶ月くらいで返事がくる(なかなかこない場合はしつこくメールや電話で聞く)。 何校か受かった場合、大学を決め、その後ビザを取る手続きを始める。



ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.