シカゴランドの代表的な携帯電話会社

全米を大きくカバーするお勧め携帯電話。シカゴエリアでの受信、カスタマーサービスともに良好。
450分/39.99ドル
プランの詳細はこちらから
シカゴエリアでの受信は良好だが、全米規模で行くと多少カバーエリアが小さく、さらにカスタマーサービスは・・・。
300分/29.99ドル
プランの詳細はこちらから
シカゴエリアでの受信、カスタマーサービス共に他に多少劣る。
300分/49.9ドル
プランの詳細はこちらから
全米では最大の契約数を持つが、シカゴエリアではベライゾンに一歩リードされた感じ。カスタマーサービスは良好。
900分/59.99ドル
プランの詳細はこちらから
シカゴエリアではそれなりに知名度があるが、全米ネットワークは皆無なので、州外でも使用したい人にはお勧めできないかも。
400分/24.95ドル
プランの詳細はこちらから
*プランは変更が激しいですので、各携帯電話会社のリンク先をご確認ください。

●アメリカの携帯電話事情

 アメリカの携帯電話事情というとすぐに話題に上るのが、日本の携帯電話に比べて大きくて重いくせに遥かに遅れた機能しかない電話機と、低い携帯電話の普及率。 でもそんな事情もここ1,2年で急激に変化しつつあります。 

 電話機自体は、モトローラやパナソニック、ソニー、京セラ、サンヨー、ノキアなどがどんどん店頭から消え去っていく中、韓国勢のLGとサムソンが勢力を急拡大中で、どこへいってもその2社のメーカーの小さくてカメラ付き電話機を見かけることが出来ます。 ただし携帯でのカメラ機能やEメールなどのインターネットへの接続は、接続料が高いためにまだまだ普及していません。 もちろんアメリカ人があの小さなキーをちょこちょこと叩くとは思えないという別な理由もあるでしょうが・・・。

 韓国勢の小さい携帯電話が勢いを伸ばしているのと歩を合わすように、今日ではアメリカ人もかなりの人が携帯電話を所持するようになり、家庭での固定電話を持たずに携帯だけという人も少なくありません。

●アメリカの携帯電話業界事情

 アメリカの携帯電話業界は現在4つの大手に集約中で、Cingular、Verizon、T-mobile、Sprintがサービスやプランに差を付けて競っています。 エリアのカバー範囲や、値段に関してはそれなりにチョイスはあるのですが、トラブル時のサービス面に関しては各社共に褒められたものではなく、あまり大きな期待をすると泣きを見ることにもなりませんので、その辺りは現状ではあまり多くを望めないかも知れません。 

 それでもサービスが比較的良いという声がシカゴアンの中で高いのはVerizonとされていますが、それとても個人個人の意見によって違いますので、後はプラン内容とお住まいになる地域での受信感度によって決めるのも手かも知れません。

 これらの上記大手4社の中で採用している携帯電話の通信方式は、「CingularとT-mobileが、GSM(SIMカードあり)」、「VerizonとSprintがCDMA(SIMカードなし)」となっています。
 
 
 ちなみにこのGSMとはGlobal Sysytem for Mobile Communicationsのことで、アジア、アメリカ、ヨーロッパなどで共通のネットワーク形式になりつつありますが、日本ではあまり普及していませんので、海外での通話が可能なタイプの携帯電話を除いては日本の物は海外で使用できません。

 またこのGSMには850、900、1800、1900があり、各国で採用しているタイプが違っていますので、それに対応した機種しか受信できません。

 このGSMの優れている点は、SIMカードを入れ替えることにより、以前の携帯で使用していた情報を新しい形態でも使用が可能になる点です。 ただしメーカーから無料で付いてくるような機種には、このSIMカードがロックされていて他メーカーでは使用できないようになっている場合も多々ありますのでご注意を。


●アメリカの携帯電話通話料金体系

 アメリカの携帯電話は送信側だけではなく、着信側も加算される点が日本と違う点です。 だから長距離の間違い電話を受け取ると・・・。 またシカゴで契約している携帯電話をもってラスベガスへ観光に行き、そこでシカゴの家族に電話をかけても市内料金ですが、そこでラスベガスのホテルなどにかけると長距離料金が加算されます。

 通常は同じ携帯電話会社同士の通話であれば話し放題料金無料のサービスを提供しているところが多いです。 また夜間や週末の通話に関しても話し放題無料のサービスが付いているところが多いです。 

 基本的なプランには、最初から○○○分通話料金無料というように、はじめからある程度の通話時間がサービスに含まれており、その時間内であれば通話料金は発生しないところが多いです。 

 ただしその通話時間を超過したり、サービス契約を破棄して解約したりすると日本よりも遥かに高い違約金を請求されることになりますのでご注意を。


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.