SHOKOのシカゴ郊外の町から


著者略歴 長野尚子

イリノイ州在住フリーライター。
2001年、大手出版社の制作ディレクターを退職後、単身アメリカへ留学。
その後帰国し子育て関連誌の編集者を経て、結婚を機に 2006年3月より再びカリフォルニア州バークレー市へ。
主に教育・子育て、国際文化交流をテーマに人脈を広げながら執筆活動中。
2007年10月より、研究者である夫の仕事の関係でシカゴ郊外に移る。
趣味・特技はJazz(ピアノ&ヴォーカル)、剣道(四段)。好きなことは食べることと飲むこと。
バークレーでの3年間の留学生活を綴った「たのもう、アメリカ。」(近代文芸社)発売中。


バックナンバー
   シカゴ・ブルース・ミュージシャンたちが日本に捧げる、渾身の応援・鎮魂ブルース


 “Pray For Japan.  Play For Japan.”

 6月19日。シカゴのとあるブルース・バーで「Blues For Japan」という東日本大震災チャリティ・ライブが開かれた。このライブは、ブルース界で活動するシカゴ在留邦人らがシカゴのブルース界にチャリティ・イベントの開催を依頼したところ、それに地元のミュージシャンたちや老舗ブルース・クラブのひとつである『Rosa’s Lounge』が応じて実現したものだ。

 古今あまたのブルース・ミュージシャンたちが出入りした『Rosa's Lounge』の歴史ある扉には、「Pray For Japan. Play For Japan.(日本のために祈ろう。日本のためにプレイしよう。)」の文字。ライブは午後4時から10時までの6時間。進行役は邦人関係者への呼びかけ人でもあり、ビリー・ブランチのバンドメンバーとして活躍するブルース・ピアニストのAriyo(有吉須美人氏)。

 誰がいつやってきて何が飛び出すかわからない、ブルース“ガチンコ”セッション・マラソンが今、始まった。  

 ライブに先だって、当イベントの事務方を務めた「J-AID (※)」代表、 柏村氏から現段階での日本の被災状況が伝えられ、Ariyoからはライブを実現するにあたり無償で出演協力をいただいたブルース・ミュージシャンたちへの感謝の言葉が述べられた。そして、日本人ミュージシャンたちによってライブの火ぶた切って落とされた。

(右から)Katsu Kosaka(ハーモニカ)、Shoji Naito(ベース)、Hiro Konishi(ギター)、Minoru Maruyama(ギター)  店の入り口には募金箱と折り鶴が置かれ、後方のテーブルに敷かれた紙に、被災地への手書きメッセージがぎっしりと貼りこまれていく。

 6時をまわると、店中はこのイベントを聴きつけた熱心なブルースファンやミュージシャンの家族らでいっぱいに。この日は父の日。父の雄姿を見にやってきた子どもたちが大興奮で店内を駆け回ったりボンゴを叩いたりと大騒ぎだが、今日ばかりはお客さんも笑って黙認だ。

 地元のミュージシャンたちも次々と集まってきた。特に決まったスケジュールがあるわけでもなく、その場に現れた人たちをAriyoが次々とステージに呼んでは新たなセッションが生まれていく。
フェスティバルなどでは到底味わえない、まさにブルースの醍醐味がここにあった。
 さて、ステージもすっかり温まったところで、最初の大物ゲスト、ビリー・ブランチが自らのバンド“Sons Of Blues”とステージにあがる。「今日ここに僕たちがやってきたのは、悲劇的な状況に苦しむ日本を援助するためだ。ぜひ大好きな日本のために募金をしていってくれ」そう呼びかけると、店内から温かい拍手が沸き起こる。今日のビリーは、1週間前の“シカゴ・ブルース・フェスティバル”、前日の“Blues On The Fox”(Aurora)という、何千何万人規模のフェスティバルで見るよりも幾分リラックスした表情。しかしいったん演奏が始まるとその熱さはまったく変わらない。

 かつて彼のバンド(Sons of Blues)のメンバーでもあったMinoru Maruyama(ギター)と、Seiji “Wabi” Yuguchi、Shoji Naitoふたりの日本人ハーピストをステージに呼び寄せセッション。

 その後も続々と大物ゲストが登場。“ブルースの女王”ココ・テイラーのバンドでも長年プレイしていたベテランギタリストのルリー・ベル、ジミー・バーンズ、シンガーのメアリー・レインなど、普段は同じステージで見ることができないようなミュージシャンが惜しげもなく弾き、歌う。ああ、今日のこの音はみな日本のためなのだ、そう思うと、胸にぐっとくる。

ルリー・ベルとAriyo ビリーとルリーは10代の頃に“Sons Of Blues”を共に結成して以来の旧知の仲。

御大、ジミー・バーンズとビリー・ブランチ夢の競演。ドラムは同店のオーナーでもあるトニー。


 アーティストの出演交渉、ライブの進行、自らもほぼ出ずっぱりの演奏、と全てをこなしたAriyo。彼自身、震災以来さまざまなチャリティ・イベントに出演して震災の援助を続けている。

 そしてライブのオオトリは、ガイ・キング(写真右)。Jazz&Blues両クラブから引っ張りだこの、シカゴで一番の売れっ子アーティストだ。

 実は、ここまで紹介したミュージシャンには共通点があるがそれが何かお分かりだろうか?彼らの多くは “ジャパン・ブルース・フェスティバル”(2003年より毎年7月青森市内にて開催)の出演経験者なのだ。(※ルリー・ベルは父親のケアリー・ベル(2007年他界)が第1回に参加。ジミー・バーンズは急病のためキャンセル。“ジャパン・ブルース・フェスティバル”については過去の記事をご参照ください。)
 彼らに日本の、青森の話をすると「また行きたい。いつでも呼んでくれ」と声を弾ませる。日本の人たちと過ごした忘れられない時間が、彼らの「何が何でも日本を応援したい」という気持ちを突き動かしたのだろう。

 午後10時過ぎ、6時間に及んだライブ・セッションは大盛況のうちに終了。何よりもこのライブは、ブルースの本場、“シカゴのブルース界が主催した初めての震災チャリティ・ライブ”としてきわめて大きな意義を持つ。この日のホストを務めた『Rosa’s Lounge』オーナーのトニーはこう語ってくれた。「(日程を決めるのに)ミュージシャンたちのスケジュールが合わなくて、二転三転してようやく今日にたどり着いたんだ。日曜は店の定休日で従業員の都合もつかなかったから急きょ、今日のためにアルバイトのバーテンを雇ったんだよ。ほかの店じゃなかなかこうはいかなかったかもしれないね」。数多くの日本人ミュージシャンたちがこの店と共にブルース修行を重ねてきた、その長い歴史が今日という新たなページを刻んでくれたのかもしれない。

今日集まった義援金はすべて日本赤十字社に寄付される。

■「Blues For Japan」参加ミュージシャン
Chris James, Patrick Rynn, Rob Stone, Tony Mangiullo, Ari Seder, Mose Rutues Jr., Billy Branch, Dan Carelli, Omar Coleman, Rob Blaine, Rassie, Lurrie Bell, Mary Lane, Jimmy Burns, Guy King, Chris Harper, Bob Ropes, Jim St. Marie, Twist Turner, Harlan Lee Terson, Marty Binder, Lorenzo Thompson, Leszek, Mayla 他
(以下邦人ミュージシャン) Sumito Ariyo Ariyoshi, Hiro Konishi, Katsu Kosaka, Minoru Maruyama, Ayako Minami, Shoji Naito, Kumiko Niwa, Seiji Wabi Yuguchi, 他 (名字アルファベット順)

※参考「J-AID
東日本大震災後、「日本のために力を合わせて救援活動をしよう」との志を同じくした日本人が集まって結成されたボランティア組織。ミュージシャン、アーティスト、その他さまざまなフィールドで働く人たち、学生などから成る。これまで、チャリティコンサートやイベントなどを数多く企画し、義援金援助を行ってきた。

Rosa’s Lounge
1984年にオープンしたシカゴでも有名な老舗ブルース・バー。“Rosa”はオーナーであるトニーの母親の名で、実際にカウンターに立つ彼女は多くのミュージシャンから「ママ・ローザ」として愛され続けている。
3420 W. Armitage Ave. Chicago, IL 60647  Tel. :(773)342-0452
ジャパン・ブルース・フェスティバル
2003年から毎年7月に青森の2会場で開催されるブルース・フェスティバル。地元のお祭りの様相を残しながら、本場のシカゴ・ブルースが聴ける唯一のフェスティバルとして人気。

(本サイトの過去の記事“シカゴから青森へ。伝わりゆく熱き”ブルース魂”もご参照ください。)

■2011年の開催日程とお問い合わせ
・7/21(木)道の駅なみおか アップルヒル特設会場
アップルヒル:シカゴブルース交流事業実行委員会 Tel. (0172)62-1147

・7/22(金),23(土)青い海公園特設会場
青い海特設会場:安潟みなとまつり実行委員会 Tel. (017)734-1311

■出演:J.W Williams & Chitown Hustlers(J.Wウィリアムス&シャイタウン・ハスラーズ)
J.Wウィリアムス(B, Vo)
菊田俊介(Gt, Vo)
ロニー・ヒックス(Key, Vo)
コーデル・ティーグ(Ds)
デミトリア・テイラー(Vo)

                      バックナンバー



ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.