SHOKOのシカゴ郊外の町から


著者略歴 長野尚子

イリノイ州在住フリーライター。
2001年、大手出版社の制作ディレクターを退職後、単身アメリカへ留学。
その後帰国し子育て関連誌の編集者を経て、結婚を機に 2006年3月より再びカリフォルニア州バークレー市へ。
主に教育・子育て、国際文化交流をテーマに人脈を広げながら執筆活動中。
2007年10月より、研究者である夫の仕事の関係でシカゴ郊外に移る。
趣味・特技はJazz(ピアノ&ヴォーカル)、剣道(四段)。好きなことは食べることと飲むこと。
バークレーでの3年間の留学生活を綴った「たのもう、アメリカ。」(近代文芸社)発売中。


バックナンバー
     シカゴから青森へ。伝わりゆく熱き”ブルース魂”


 6月12日。シカゴの夏を告げる「シカゴ・ブルース・フェスティバル」に世界のブルースファンが酔いしれている頃、今年も“日本の北国”青森からある一行がシカゴに降り立った。毎年7月に青森市で行われる“ジャパン・ブルース・フェスティバル”の創業・主催メンバーである、青森商工会議所青年部の面々だ。実はこの“ジャパン・ブルース・フェスティバル”(以下“JBF”と略)は、シカゴ・ブルース・フェスティバルをモデルに8年前に始まった、日本で初めての大規模な屋外無料ブルース・フェスティバルなのだ。 

青森→淡谷のり子→ブルース→シカゴ! 

 「なぜ青森とシカゴなの?」と疑問に思ったのは私だけではないはず。JBFの仕掛け人で、青森市出身、シカゴ在住30年の山中泉(せん)氏(米国NPO法人 「グローバル・ビジョン」代表)はこう語る。「すっかり元気をなくしつつある青森の旧中心街のために街おこしイベントをできないか、とあるとき商工会議所の若手メンバーと話していたところ、青森出身の有名人といえば?という話になったんです。真っ先に名前が挙がったのが“淡谷のり子”さん。淡谷のり子といえば“ブルースの女王”、ブルースといえばシカゴ。じゃぁ、シカゴに習ってブルースの祭典をやろうじゃないか、と(笑)」 


2010年JBFのポスター
 あまりにも軽いノリで始まった話は、シカゴ市と強いパイプを持つ山中氏の仲介で一気に現実味を帯びてくることになる。2002年6月、同会議所青年部の国際交流委員会会長だった奈良秀則氏がさっそくシカゴに足を運び、山中氏と共に“シカゴ・ブルース・フェスティバル”の生みの親で総責任者、バリー・ドリンズ氏(市長室スペシャルイベント部門・副ディレクター)に直接アプローチ、「ゲスト出演してくれるブルース・ミュージシャンをシカゴ市から公式に紹介してほしい」と協力を求めた。その熱意を汲んだバリー氏は、翌月の“大阪ブルース・フェスティバル”で来日した際に下見を兼ねて青森にまで足を運び、青年部例会のゲストとして“ブルースと青森”というパネルディスカッションに参加、熱いトークを聞かせてくれたという。 

2003年7月。“第1回青森ブルース・フェスティバル”が実現

 確かな手ごたえを得たふたりは、さっそく青年部の実行委員と共に翌年の“青森ブルース・フェスティバル”実現に向けて本格的に動き始める。もちろんモデルは“シカゴ・ブルース・フェスティバル”。「一部のマニア対象のブルース・フェスではなく、子どもからお年寄りまで青森の一般市民がそろって楽しめる、青森色の濃い市民祭りにしたかったんです」と山中氏。公共からの支援に頼らず、一般企業からのスポンサー広告料と会場内のフードチケット販売のみで費用をまかなうという“シカゴ方式”を採用し、当時日本では珍しかった民間だけの手による無料の野外フェスティバル実現に向けて着々と準備が進められた。


 そして翌2003年7月、ついに“第1回青森ブルース・フェスティバル”(当時の名称)が開催された。第1回の記念すべきゲストは、ボニー・リー、ジミー・ドーキンス、ケアリー・ベルと、いずれもシカゴ・ブルースの大御所たち。コンサートのクライマックスでは、ボニーと青森の津軽三味線奏者、山上進との、ブルースギター&津軽三味線のコラボレーションが聴衆を圧倒した。また、これが契機となって2004年には津軽三味線青森県協議会会長、長谷川裕二氏と三絃会がシカゴ市から公式招待を受け“シカゴ・ブルース・フェスティバル”で演奏するなど、両市の“人と文化の交流”が深まっていった。 

 ここに、第2回目からのゲストミュージシャンをご紹介しておこう。 

第2回(2004年) ボニー・リー、ウィリー・ケント

第3回(2005年) ビリー・ブランチ

第4回(2006年) ビリー・ブランチ

第5回(2007年) ジョン・プライマー

第6回(2008年) ジミー・バーンズ(家族の急病のためキャンセル)、キャサリン・デイビス

第7回(2009年) マジック・スリム 

 ご覧のとおりいずれも錚々たるブルース・マンたちだ。青森のことをまったく知らずにやってきた彼らは、帰るころには皆そろって「来年も是非呼んでくれ!」と言うほど熱烈な青森ファンになっているという。きっと、青森の“青い海”、“青い空”、“青い森”に我が故郷を感じ、アメリカでは到底味わうことのできない東北の海の幸に魅了され、人々の温かいホスピタリティーに心を打たれたせいだろう。
世界初!ブルースギターとねぶた囃子の夢の競演も。
(2009年“ジャパン・ブルース・フェスティバル”より) 
 また、年を追うごとにJBFの知名度もじわじわとあがり、近年では述べ3〜4千人の観客が県内外から集まるようになった。もちろんその中心には、ブルースに合わせて踊る地元の老若男女の姿があった。 

ネリー“タイガー”トラヴィスと菊田俊介が10年ぶりの競演。 

 さて、第8回目を迎える今年のゲストは、シカゴで今最も注目を集めるブルース・ソウル・シンガー、ネリー“タイガー”トラヴィス。また、今年でシカゴデビュー20周年を迎え日本で精力的にツアーを行っているブルース・ギタリスト、菊田俊介(Shun)が満を持して“凱旋”初参加する。ふたりは、Shunがブルースの女王、ココ・テイラー(2009年6月に惜しくも他界)バンドの専属ギタリストになる前に組んでいた“旧友”で、これが約10年ぶりの競演となる。両者とも今回の競演をとても楽しみにしているそうだ。

シカゴ・ミュージシャンの愛した青森 


 6月12日、今年も青森商工会議所青年部の一行が“シカゴ・ブルース・フェスティバル”の視察とJBF出演予定ミュージシャンとの交流のため、青森市長からシカゴ市長への親書を携えてシカゴを訪問した。到着後さっそく向かったのは、地元で人気のブルースハウス『Blue Chicago』。超満員の観客に交じって、菊田俊介のソウルフルな演奏を堪能し、シカゴ・ブルースの熱気を肌で感じとった。


JW ウィリアムズバンドで演奏する菊田俊介
(6/12 『Blue Chicago』にて)

菊田氏(右から2番目)を囲んで
青森商工会議所青年部のみなさん。(一番右は山中氏)

 翌13日には、6月に移転したばかりの老舗ブルース・バー『Buddy Guy’s Legend』で行われたネリーのライブへ。 冒頭でネリーは、「来月日本に行くの。今からとっても楽しみ。今日はその日本からたくさんの人たちが来てくれてるわ!」といって一行を観客に紹介。気合の入ったパワフルなステージをたっぷりと見せてくれた。ライブ半ばには、本日が誕生日という福士氏(同会議所青年部会長)のために『Happy Birthday』をブルースバージョンで歌うという心憎いサービスも飛び出した。また、会場には第2回JBFに参加したギタリストのガイ・キングの姿も。「青森?もう最高だったね!まず食べ物。Goodなんてもんじゃない、Excellent。それに青森の人たちのホスピタリティーは忘れられない。また行きたいよ」  
ネリー“タイガー”トラヴィス
(6/13 『Buddy Guy’s Legend』にて) 


お土産の「青森ねぶた扇子」にご機嫌のネリー。
初対面とは思えないほどすっかり青森の一団に溶け込んでリラックス。


青年部会長の福士大二氏からバリー氏へ、青森、鹿内市長からシカゴ、デイリー市長宛の親書が手渡された。
両市の友好親書交換は、2002年から毎年続けられている。シカゴ・ブルース・フェスティバルを27年間支え続けてきたバリー氏は今年で勇退、青森とのブルース交流も引き継がれていく。 

「街おこし」から「日米文化交流」へ引き上げた“ねぶたパワー” 

 シカゴに習って始まった青森市の「ブルースによる街おこし」。今では本場シカゴ・ブルースを聞くことのできる、国内唯一にして最大のブルース・フェスティバルに進化した。また、アジアを中心に7ヶ国のミュージシャンが参加する“アジアン・ブルース・フェスティバル”的存在にもなりつつある。東京でも大阪でもない、この小さな地方都市のお祭りに国内外の有名ブルース・ミュージシャンからも出演オファーが舞い込むようになったその成功の影には、シカゴ・青森両市の8年間の素朴で温かい民間文化交流があったことを忘れてはならない。アメリカには50年以上も続いている無料のフェスティバルがざらにあるが、日本ではまだまだまれ。この“ジャパン・ブルース・フェスティバル”も、末永く愛される“市民祭り”として生き続けてほしい。シカゴから青森へ― 熱き“ブルース魂”よ、永遠なれ!である。そして近い将来、シカゴのブルース・ミュージシャンたちの間ではこんな挨拶が交わされることだろう。
 「ヘイ、君はもうアオモリに行ったかい?」 



※ “2010年 Japan Blues Festival” に関する詳しい情報は以下のHPで。

http://www.aomori-yeg.jp/yasukata2010/blues/index.html 

※ 『Blue Chicago』 http://www.bluechicago.com/
536 N .Clark Chicago, IL 60654
TEL: 312-661-0100
8pm 〜1:30am (土曜日のみ2amまで) 

※ 『Buddy Guy’s Legend』 http://www.buddyguys.com/
700 S. Wabash Chicago, IL, 60605 
TEL: 312-427-1190 
(月〜金)11am - 2am,(土)5pm - 3am, (日)6pm - 2am


                      バックナンバー



ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.