樺沢さんの精神医学的アメリカ考察



著者略歴 樺沢紫苑
(本名 佐々木信幸)


1965年、札幌生まれ。札幌医科大学卒。
精神科医。

2004年4月より、イリノイ大学シカゴ校
精神科勤務。

著書
「北海道スープカレー読本」(亜璃西社)


 朝日新聞、週刊ポストなどに記事執筆。サブカルチャー、アメリカ文化に詳しい精神科医として、テレビ、ラジオ出演など、精力的に活動中。

メールマガジン「シカゴ発 映画の精神医学


バックナンバー
         「フェニックス」の飲茶の楽しみ方 その2


■ その店の得意料理を選ぶ

おいしいと評判のレストランに行っても、その店のメニュー全てがおいしいということはありえません。非常においしいものもあれば、普通のものまでいろんな味レベルのメニューがあるわけです。その店ごとに得意とするメニュー、いま一つ得意とは言えない料理もあるわけで、適当に注文してもおいしいものに当たる確率は低いのです。したがって、どこの店がおいしいかという情報だけでは不十分で、その店の何がおいしいのかも知っていないと、わざわざ遠くまで出かけても、空振りにあうだけです。

「フェニックス」の飲茶は。40種類以上もあります。超おいしいものあれば、普通のものもあります。私は「フェニックス」では、30種類くらいは食べていると思いますが、「フェニックス」の味の特徴をまとめますと、

(1) 単純なものより、手の込んだものがおいしい

(2) 揚げ物がおいしい

(3) デザートは、どれもイマイチ

(4) モツ(内臓系)料理は、食べづらい

といった具合になります。

私が「フェニックス」で特においしいと思ったのは、「ピーマンの肉詰め(百花釀青椒、Stuffed Green-Pepper)」「野菜の湯葉巻き(腐皮素巻、Pan Fried Vegetable Roll)」「エビすり身の磯辺揚げ」です。これらの特徴は、調理に手間がかかるということでしょう。調理で一工夫されているというか。単純な点心、すなわち餃子やシュウマイ。それらも、おいしくないわけではありませんが、一工夫した手の込んだ料理に感動的なおいしさがあります。

ここの揚げ物はカラッとあがっていて、どれもおいしいと思います。蝦の春巻(香脆蝦巻Shrimp Roll)などはシンプルな一品だが、表面のパリッとした食感と蝦のプリッとした食感のコントラストが楽しい。あとシンプルなところで言えば、飲茶の定番ですがチャーシューまん(叉焼飽)が好きです。必ず食べます。

飲茶の最後はデザートで締めたいところですが、ここのデザート類はイマイマチです。マンゴープリン、杏仁豆腐、ココナッツプリン等一通り試しましたが、どれも「並」です。デザート系の飲茶がおいしい店は、「乾龍閣」です。

いろんな種類のモツ(内臓系)料理を載せたワゴンは、何度も回ってきます。あまり人気がないので何度も来るのでしょうが、「モツは大好き」という人以外は避けた方が無難でしょう。かなり塩味が強く、やはりクセがあります。ビールのつまみにすると良いと思いますが、普通の人には食べづらいと思います。

アツアツを食べるとどれもおいしいですが、特においしものと、積極的にお薦めしないものだけピックアップしてみました。

■ 大人数で行く

「フェニックス」、あるいは飲茶に限らず、中華料理は大人数で行くべきです。

人数が多いほどたくさんの種類が食べられるし、安く食べられます。二人で行くのと四人で行った方が、種類が2倍近く食べられます。友達をさそって、多人数で行くのが良いです。

ちなみに、「フェニックス」は8人以上だと円卓の予約ができますので、待ち時間なしで12時から食べ始めることができます。

以上のポイントをおさえて、「フェニックス」をお楽しみください。おそらく、絶品の飲茶が食べられると思います。

写真

1 百花釀青椒


2 腐皮素巻


3 エビすり身の磯辺揚げ


4 香脆蝦巻


5 叉焼飽

The Phoenix Restaurant
2131 S Archer Ave, Chicago
(312) 328-0848



ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.