樺沢さんの精神医学的アメリカ考察



著者略歴 樺沢紫苑
(本名 佐々木信幸)


1965年、札幌生まれ。札幌医科大学卒。
精神科医。

2004年4月より、イリノイ大学シカゴ校
精神科勤務。

著書
「北海道スープカレー読本」(亜璃西社)


 朝日新聞、週刊ポストなどに記事執筆。サブカルチャー、アメリカ文化に詳しい精神科医として、テレビ、ラジオ出演など、精力的に活動中。

メールマガジン「シカゴ発 映画の精神医学


バックナンバー
                  強記 Ken Kee

「フェニックス・レストラン」の1階にある「Phoenix Noodle & Dumpling House」は、小龍包がおいしのでよく行くが、せっかくチャイナ・タウンまで来たというのに、店が休みだった。

空腹ではあったが、大皿の中華をガツガツ食べる気分でもないので、「粥」「麺」の電飾に魅かれて、ふらりと初めての店に入ってみる。

Archer Ave.のモール。広場に面したところにある「強記(ケン・キー)」である。

入り口に「粥」「麺」と大きく書かれているので、前を通れば見逃すことはない。

前から気にはなっていたが、昼に来る時は飲茶の店に行くので、来るチャンスはなかった。

店に入る。中国の大衆食堂的な雰囲気。客のほとんどは中国系で、白人の姿は見られない。

こうした店は、地元の中国系の人に支持されている店、ということになり期待できる。

メニューを見て気づくのは、非常に安いということだ。まあ、チャイナ・タウンの店はどこも安いのだが、それと比べても安いだろう。は一品4〜5ドルである。6ドルを越える品は、数えるほどしかないのだから。

一品4〜5ドルといっても、飲茶ではない。ちゃんとした炒め物などが、この値段である。

ただ、ボリュームは普通の店の大皿と比べると、少ないのだが、二人で食べるには十分な量である。

例えば、チャイナ・タウンに二人で行っても、飲茶の店なら良いが、そうでない店だと夜は大皿料理しかない。中華料理は多人数で楽しむもので、二人で中華というのは、なかなか難しい。

この店だと、二人で4品頼むと20ドル以下で、そしてかなり満腹になる。

実際、この店の客層としては、中国系のカップルや女性の二人組など、少人数で来ている客が多かった。

この店の特徴は安いという他に、鍋料理があるということだろう。他の店にも、鍋料理はあるのかもしれないが、この店では何人ものお客さんも鍋料理を頼んでいたから、人気メニューなのだと思う。

おいしそうなので、魚のスリミの鍋を頼んでみた。味のほうは、非常にアッサリとして食べやすいという印象である。中国で食べた屋台料理を思い出した。

魚のスリミ鍋

中華料理といえば、コッテリとか、油っぽいというイメージがあるが、それは日本の中華料理であって、本場中国の中華料理は、味付けも薄く、もたれないほどにサッパリとしている。

そんな、中国の屋台の味を思い出させる味である。

看板にもあった「粥」。これもとうぜん頼まなくてはいけない。

「シーフード粥」を頼む。イカ、タコ、ホタテ、白身魚、エビとかなり多種類の粥が入っていた。

味としては、まあまあだ。

「粥」は、チャイナンタウンでは、「Phoenix Noodle & Dumpling House」がおいしいと思う。

シーフード粥

あと、クラブ・ラングーンを食べたが、これは普通。値段の割りはたくさん盛られている。

クラブ・ラングーン

以上、三品とタピオカ入りタロイモジュースで18ドル。

全部食べられないので、持ち帰る。

凄くおいしいとか、本格的中華、という感じではないが、中国の大衆料理をリーズナブルの値段で楽しめる。屋台感覚で気軽に食べられる。そういう意味で、TPOに合わせて使える店だと思う。


強記 Ken Kee
2129 S. China Pl, Chicago
Tel: (312) 326-2088


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.