コンサルタント/人材派遣企業一覧/求人掲示板

career develop consultant
米国および中西部の雇用状況 “激動の時代に向けての日系企業人事戦略”

キマタパーソネル&コンサルタンツ
社長 木全健一

1.米国雇用状況概要

2006年は、2005年度に引き続き米国経済の景気拡大、好景気が継続したために、米国企業全体及び在米日系企業の雇用活動が活発な一年であった。

在米日系企業では、自動車と工作機械メーカーを中心に著しい景気回復が見られた。

米系企業では、

企業向けサービスや、教育、健康サービスなど、サービス産業が活発に雇用を創出した。一方では、GMなどの大手自動車メーカーや、建設業では雇用が減っている。 平均時給は2001年の14.3ドルから、2006年には16.79ドルに上昇した。全米の失業率は、米経済の先行きに対する安心感から、2003年のピーク6.3%より順調に下がりづづけ、4.4%と低い水準を維持している

2.日本国内の雇用市場

目を日本国内に向けると、日本国内の失業率は、2002年5月のピーク5.5%から、昨年11月には4%にまで改善している。

来春の大卒採用は15.8%増加する見込みである。 また大卒就職希望者の内定率は、2002年にはわずか73%であったが、この春には87%にも達しており、企業の採用意欲は、一気に高まっている。 また、企業は少子高齢化人材不足化の時代の人材確保に向け、パートの雇用も2005年に最高水準に達した後、2006年には5年ぶりの低水準に達しており、紹介派遣などの制度を利用しつつ、企業は正社員の雇用へシフトしている。

好調を続ける日本経済のけん引役は自動車産業や、工作機械などの20世紀型製造業であり、製造業では技術の伝承が大きな問題になっており IT産業やエレクトロニクス産業は競争力が低下する傾向が見られる。

Made in Japanの品質に対する神話にも翳りが見え始めている。今後は優秀な外国人の登用が大きな課題となるであろう。

3.米国内での日系企業雇用状況

2007年度、在米日系法人企業の42.9%が雇用の増大を計画しており、変わらないと答えた41.1%、減ると答えた7.6%を大きく上回った。 

在米日系企業の雇用増大に伴い、人手不足が深刻化している。また新卒学生に対して、2004年以降の、H1-Bビザの年間枠が195,000から65,000に1/3に減ってしまった影響が大きく米国での就職自体が狭き門になっている。 移民局は殺到する応募に対し、今年も4月はじめにアプリケーションの受領を打ち切った。

OPTを取得した学生でも、インターンなどである程度の職歴を積んでおかないと即戦力にならなず、また、離職率の高さなどからも、H1-Bヴィザのサポートに二の足を踏んでしまう企業が増えている。 新卒学生側としても米国に残る道は険しいものになっている。

日本での雇用状況改善を反映し、米国大学卒の学生が日本へ帰国するケースが増えている。 特に失われた15年間の就職氷河期に米国での就職を希望していた女子学生の帰国が目立っている。 また、女子学生のキャリア志向が顕著になっており、スキルアップの転職を目指して日々研鑽を積むことが日常となった。

4.給与

米国法人日系企業の給与上昇率は、2006年に3.56%と2005年の3.73%よりも下降している。2007年も3.56%と物価上昇率の上げ幅に対応しているに留まっている。

日本国内本社の初任給は人材確保に向けて一斉に上昇し、大手電気メーカーは1500円上昇している。

しかし、基本給の賃上げに関しては、中国やインドなど熾烈を極めている国際間競争に勝ち残るためには賃金の抑制が必須であると考える企業が多い。賃金報酬は賞与で応えると答えた企業が2割に上っている。 今までの横並び、一律の賃上げは過去のものになりつつある。しかしながら、抜きん出た人材に対して、抜きん出た賃金を出すことには抵抗があり、給与の高い外資系に転職するプロの人材も増えつつある。

5.医療保険

人件費の多くの割合を占める医療保険も経営の大きな課題となっている。

在米日系企業の98.2%は医療保険、94.6%は歯科保険、67.9%は眼科保険に加入している。 保険加入資格の時期を見ると、採用日直ぐが27.6%、3ヶ月後が28.5%、3-6ヶ月が39.8%、6ヶ月が3.6%となっている。 優秀な人材を確保するには保険加入の時期も早める必要がある。特に加入時期が6ヶ月の企業は人材確保の足かせになり早急な対応が必要である。会社側負担率では、100%が会社負担する企業の割合は48.8%、99-70%では46.2%である。家族負担率も100%会社負担では26.7%、99-70%会社負担では46.2%となっている。 特に優秀な米人は日系企業の厚いベネフィットに魅力を感じており、会社負担率を下げることは人材の流出を即座に意味することを覚悟すべきである。

6.人材確保対策

2006年に日本国内で転職した人材は、2005年より6万人増え、過去最高の346万人になっている。 中でも女性の転職が2.9%増えた。 興味深いことに、前の仕事より収入が減った人材が37.3%と、収入が増えた33.3%を上回っていることである。

下に示す表からも分かるように、在米日系法人企業は、アドミ及びアシスタント等の一般事務の給与を低く抑え、高いスキルを持つ会計マネージャーやセールス等プロフェッショナルの給与を上昇させている。

弊社調査では、特に優秀な人材の顧客開拓能力によって大きく売り上げに差が開いてしまうセールスのポジションで給与が低く、現地米系企業より10-15%低い水準にあり、OEMのような高度なスキルを持つセールスの人材には非常に高い給与を覚悟する必要がある。

また、優秀な人事マネージャーの給与は非常に高い水準を維持している点も注目すべきである。

      表1. 日経リサーチによる主なポジションの平均給与一覧

ポジション

2005

2006

上昇率

アドミアシスタント

$37,000

$36,550

-1.2%

重役秘書

$48,000

$46,815

-2.5%

会計アシスタント

$36,725

$36,790

+0.1%

会計アシスタントマネージャー

$36,725

$36,790

+1.7%

会計マネージャー

$65,150

$71,500

+9.7%

カスタマーサービス

$38,275

$38,000

-0.6%

セールスレップ

$50,000

$56,950

+14%

セールスマーケティングマネージャ

$80,000

$81,216

+1.5%

輸出入担当者

$31,000

$31,081

+0.3%

HRマネージャー

$73,000

$80,900

+10.8%

メカニカルエンジニア

$60,000

$61,700

+2.8%

エレクトリカルエンジニア

$65,454

$65,676

+0.3%

7.今後の対策

統計からも分かるように若手社員の転職意欲は高まっており、それを受ける企業も中途採用を増やしている。

優秀な若手が集まる企業には、魅力的な人事戦略が不可欠である。

特に在米日系企業は、急進するアジア諸国との給与面で競争し、しかも、現地企業との相場も考慮した給与体系を確立せねばならず、新しい時代の人事戦略が必要となる。

弊社ではNYの人事管理コンサルタント、イマコンサルタントと提携し、日々一刻激動の人材市場で総合的に人事サポートをお手伝いをしています。 また保険のエージェントも承っておりますので、お気楽にご相談下さい。

出典:日経リサーチ:在米日系企業における現地スタッフの給与と待遇に関する調査

本件に関するお問い合わせ、キマタパーソネルの木全健一まで直接お願いします。電話847−228-1660 E-mail   kpc@kimata.com

会社概要

キマタパーソネル&コンサルタント

住所 415 East Golf #114, Arlington Hts IL 60005

シカゴ、デトロイトを中心に日米プロフェショナルの人材紹介を提供している。特にセールスエンジニアではエンジニア出身のリクルータが長年の実績を持っている。


                   セルフ・アセスメント

Gloria H Hess
キャリア・ディベロップ・コンサルタント
ノースウエスタン大学


 「今、職を探している。」 と友達や知人にいうと、たいがいの人は首を横に振り、「それは大変だね。」と同情して応えます。 そう、多くの人達にとって「職探し」は、できるなら避けたい苦難の作業というふうに考えられているからです。

 それもそのはず、「職探し」は一般に人生に大きく圧し掛かってしまうもの、失敗してしまうと一生を台無しにしてしまうものという概念があり、希望した職から拒絶されると自尊心が傷つけられ、羞恥心を抱かせてしまうからです。 その為、不安や心配が先にたち就職活動が消極的になり、多くの人達には無用なプレッシャーをかけてしまい自分の夢の職業に辿りつこうとしなく妥協してしまいます。

 キャリア・アドバイザーの私が職を探している人々の前で最初に言うことは、「職探しを一つのプロジェットとして考えなさい」 ということです。 パズルを解くように、掃除を効果的にするように、地図をみて行き方を検索ように、順序と過程をしっかり見極め、それに沿ってプロジェクトを進めていきなさい、と言い聞かせます。

 アメリカ人の平均は1つの職を得るのに平均70以上のレジュメを出し、30回にわたるインタビューを経験します。 統計的にみて拒絶されることはごく普通。 拒絶される折々に結果を個人的に取ってはいけません。 感情的になるよりは、拒絶された理由を建設的に吟味し再考慮しながら次のチャンスの為に意欲と向上心を育くむことが「職探し」にはなりよりも重要です。

 この度、何回かにわたって「職探し」に関して記事を掲載していくわけですが、就職活動を貴方のペット・プロジェクトとして考え、私的感情にとらわれずに積極的に前に進むことを強くアドバイスします。

 さて、今日は職探しプロジェクトの最初のマイルストーン、セルフ・アセスメントSelf-Assessment, Part 1、 つまり「自分の事を知る」 ということについて書いてみたいと思います。

 セルフ・アセスメントは就職活動の上で最初しなかえばならない一番大事なタスクでありますが、多くの人はこのエクササイズを怠りがちです。 それはなぜでしょうか? 自分の事は書き出すまでもなく、一番よく知っている、と思っておられるからでしょう。 「そんなの当たり前だ」 と。 ですが、もう一度考えて下さい。皆さんは過去に時間をかけて自分と向き合ったことがありますか? ほとんどの人は、多忙な毎日のスケジュールをこなすのに精一杯で、自分がどういった人間かなど考慮する人は意外と少なかったりするのです。

 では、なぜセルフ・アセスメントを「職探し」というプロジェクトで最初にやらなければならないか?こんな例をあげてみましょう。

 貴方は壁の高い所にペンキを塗らなければならないとします。 長い梯子を購入し、肩に担いで壁の前まで行き、梯子を壁にかけて登っていきます。 途中、怖くなったり風に吹かれたりしますが、自分を勇気づけてなんとか登り着きます。さぁペンキを塗ろうとした瞬間、あることに気がついてしまいます。 「これは違う壁だ。私が塗りたかったのは、実は隣にある壁だ」と。

 確かに貴方は壁にペンキを塗らなければならないことは知っていました。 ペンキの塗り方や梯子の登り方の知識もあります。 ですが肝心のどの壁にペンキを塗ったらよいかということを考えてはいなかったのです。 

 しいていえば、自分がどういう人間でなにをやりたいか、という重要なポイントを曖昧にしてしまい、社会の常識、他人の価値観、周りの意見に影響されすぎて、梯子を登り始めてしまった、ということです。

 間違った壁に登り終えた時には、すでにたくさんの労力や時間を無駄にしてしまっていて、自分のやりたい事を追求するには、ペンキをしまい、梯子を降りて、壁をみつけてから再び登らなければなりません。 長い人生に確かにそのような場合もあるかもしれません。 ですが、そんな浪費を少なくする為にも、梯子を壁にかける前に、まず自分がどのような人間でなにをやりたいのかを見極める必要があるのです。

 職業活動のなかで、セルフ・アセスメントというエクササイズをすることで、自分に改めて向き合い、自分自身の認識を高めることが必要なのです。

 さて、では、どのようにセルフ・アセスメントするか。ここで具体的にその方法を書いてみることにしましょう。

 まず、セルフ・アセスメントをする時は、自分が一人になれる時間が必要です。 ノートを取り出して、静寂した場所でリラックスしながら自分と向き合います。

最初の質問は Who am I?

 自分がいったいどのような人間なのか、次の6つのポイントについてノートに書き綴ってみて下さい。 このノートは貴方だけのものなので、順序もなければ、言葉を飾る必要もありません。 思いが浮かびごとになんでもノートに書き込むだけのエクササイズです。

6つのポイント

  • Behaviors (行い・態度)
  • Knowledge (知識)
  • Skill (技能)
  • Abilities/Aptitudes (能力)
  • Interest (興味)
  • Values (真意や価値観)



Behaviors (行い・態度)

 ここで大切なのは、自分の「行いのパタン」を探すことです。 人は形態と習慣のうえで行動をとる傾向にあります。 模様が同じ図柄が繰り返すように、自分の行動は、これまでの自分の習慣や態度によりパタン化されています。 ところが多くの人が自分のパタンを認識していません。 このエクササイズで次のような質問を自分にして、自分自身の行いのパタンを探求してみて下さい。

 人との関係において、自分はどういう態度をとりがちだろうか?
 周囲の事情や状況に対して自分はどういう行動をよくとるだろうか?

 過去にあったあらゆる状況を具体的に思い出してみて下さい。 ノートに書き綴れば綴るだけ自分の行いの傾向が一本の糸のように繋がり、自分のパタンが明確に現れてくるはずです。 

 ただ、此処で注意しなければならない事は、その傾向を判断したり、正当化したりしてはいけないということです。  パタンはあくまで自分の過去の傾向を示しただけのもので、良い悪いではありません。 自分の過去の行いを卑下したり、誇ったりすると逆効果になってしまいます。 客観的に自分のパタンを知ることにより、自分の行動が理解しやすくなり、将来においての行動の目安に役立つということなのです。


Knowledge (知識)

 自分がどういう知識を持っているか、ということをここでは考えて下さい。 歴史、株、セールス、芸術など、知識というと学校や仕事を通じて教わったものだと思われがちですが、その他にもいろいろな知識があります。 例えば、人との付き合いの上での知識、難題を乗り越える知識。 また、有名人からの教訓、友達からのレッスンなども書き綴ってみてもよいでしょう。

 それから、自分はどのように知識を得るか、ということも改めてここで考えてみて下さい。 本や説明書を読んで学ぶ方なのか、人との交流によって知識を蓄積して行く方なのか、そんな事を含めながらノートを埋めていきましょう。


Skill (技能)

 自分にあるすべての技能や技術を書き込んで下さい。 コンピュータ、会計、エンジニアなどの特殊な技術はもちろん、見えない技術もここで考える必要があります。

 特に、3つのポイント、1)コミュニケーション、2)判断力 3)リーダーシップ、に対しての自分のスキルを考えるのは重要です。 例えば、コミュニケーションにおいては、読み書きのスキル、話術のスキル、相手の話を聞くことができるスキルなど幾つかのカテゴリーに分け、自分がどの分野に強いのかを問いかけてみて下さい。

 もし、この3つのポイントに関して自分のスキルが見出せないのでしたら、自分はどのようにような状態で人と旨く交流し、どんな境遇において良い決断し、そして、どのように人を効果的に促すのか、と自分の成功した事項をおりまぜて書いてみたらどうでしょう。


Abilities/Aptitudes (能力・タイプ)

 自分にはどんな能力があるのか?
 どんな事をするのが得意なのか?

 なにをやっている時に満足するのか?などをここで考えて見てください。
 また、どのような生活や環境を好むかということも書き綴ってください。 例えば決められたスケジュールや日課を重んじるのか、それとも退屈してしまうのか。 競争を挑む方か、それとも避ける方か。 企画をたてるタイプか経営するタイプか。

 具体的なシチュエーションに自分を置き、いろいろな立場を比較しながら自分にあったタイプや能力を書き綴ると良いでしょう。


Interest (興味)

 セルフ・アセスメントにおいて、興味を書く事は一番簡単で、また難しいかもしれません。 それは多くの人にとって、「何が好きなのか」と「何をして生計を得るか」、とのギャプがあるからです。 興味があるのはスキー、でも実際に探している職は会計というふうに、ほとんどの人が興味と職は相違するものだと考えてしまっているからです。

 しかしながら、このエクササイズでは、(少なくともこの時点では)、探している職に関係なく、意思の向くままに自分の興味があるものをノートに埋めていってください。 しかし、どうしてもギャプが大き過ぎてリストを一緒にしたくないのであれば、パーソナルとプロフェッショナルと2つのカテゴリーに分け、それぞれに書き込んでいけば良いでしょう。 

 書き綴っているうちに自分の興味が明確になり、その興味を自分がどのように満たしているのか、また満たしていないのかを吟味してみるのも良いでしょう。


Values (自分への真意や人生観)

 自分の真意や人生観の探求、と書くとあまりにも抽象的で大げさに聞こえるかもしれませんが、自分のValueを見出すことはこのエクササイズで最も重要なことです。

 Value を明確に捉えることで、自分への自信に繋がり、これから歩む道の土台になるからです。 難しく捉えず、例えば、「家族」や「友達」など自分が大切にていること、また、「愛」、「勇気」といった自分の好きな言葉、好きな教訓や名言なども含めながら、どんどん箇条書きにノートを埋めていって下さい。

 此処では、苦い思い出や自分の過去の嫌な行動には躊躇しないで、現在の自分の在るべきことや自発性をかもしだす言葉を書き綴ることが必要です。


 書き込みが終わったらノートを伏せ、少し休憩して下さい。 そして少し時間が経ってから再び書き綴ったノートを取り出してみて下さい。 それぞれのカテゴリーから自分が再び共鳴でき、心が弾む言葉を拾い集めます。 すると、今まで意識していなかった自分が鮮明に把握でき、自分はどのような人間か、なにを大事にしているかが明確になります。 このエクササイズにより、自分と自分のValueが基盤として固まった時点で、この就職活動のプロジェクトを進めていくことができます。

 「自分を知る」 ということは、このプロジェクトを成功させる上で、私は最も大事なことだと思っています。 なぜなら、リクルートや雇い人は貴方が会社へ提供できるものには興味がありますが、貴方の本当の幸せや将来やりたい事には全く無関心であるからです。 すなわち、自分が雇ってくれる場所が見つかったところで、貴方がその職に満足できなければ、職探しというプロジェクトには不成功に終わってしまうということです。

 自分が誰かを知り、なにをValueとするかが、職業活動の最初のマイルストーンなのです。 ですから、皆さんもこの最初のステージを疎かにしないで、自分自身と向き合ってみて下さい。



グロリア H. ヘス
Gloria H Hess
キャリア・ディベロップ・コンサルタント
ノースウエスタン大学


ホーム | 初めての方へ | お問い合わせ | 投稿者&ライター募集中! | 規約と免責事項 | 会社概要 

Copyright (c) 2005 US Shimbun Corporation. All Rights Reserved.